<< 「・・・・・・・・・・」 | main | お斎はフレンチで >>

限りなく柔らかなドライエイジング能登牛ヒレ

去年オープンした「ル・グリル ドミニク・ブシェ 」さんに行ってみました。

 

 

場所は香林坊アトリオ広場。辻口パテシエプロデュースのパン屋さん「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」の上にあります。

アトリオ広場内ではありますがアトリオ内からは直接には行かれず、一旦外に出てパン屋の建物の広坂通り側に入り口があり、階段を上がった2階がお店です。

 

 

 

 

お料理の名前は難しいけれど、蟹の洋風茶碗蒸しです。蟹の風味が濃厚でした。

 

フォアグラ。

 

温野菜。

 

帆立。

 

お魚は平目。

 

1ヶ月ドライエイジングした能登牛フィレは限りなく柔らかで噛むのに殆ど力が要りません。

味も香りも素晴らしい。

お肉用のカトラリーにラギオールのナイフが出て来ましたが、普通のナイフでも余裕で切れるくらい柔らかです。

フレンチのメインのお肉にしてはちょっと大き目でしたが、お腹一杯でもすんなり入りました。

 

デザート。ケーキの中からは温かいチョコレートが出て来ます。

 

ミニャルデイーズ。

 

 

 

 

0
    ayumi * グルメ * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック


    AYUCAMERAへ
    ↑お気に入りの写真を厳選し
    大きなサイズでUPした
    WEBアルバム的なブログです



    にほんブログ村
    にほんブログ村に参加しています。
    お気に召したら投票を↑





    人気ブログランキングへ
    ↑お気に召したら
    こちらにも投票を



    このページの先頭へ