<< 展望ラウンジで吟じてるのは誰だ!? | main | スイーツも美味しいがパスタも旨い >>

生き延びた猫

18歳になるアメショーを飼ってます。人間の年齢に換算すると90歳位のおばあさんです。

その猫がお盆過ぎから急に具合が悪くなりました。

 

もうちょっと注意してればもっと早く異変に気が付いたかもしれませんがお盆過ぎまで忙しくついつい注意がおろそかになってました。

ごはんは普通以上に食べてたのであまり気にしてなかったのですが、突然ごはんを食べなくなったのです。

元々好き嫌いが激しい子で気に入らない猫缶だと全く食べないこともあったので最初はまたか程度に思ってたのですが、それが2日・3日と続き、ぐったりして殆ど動きません。これは流石にヤバいでしょと、ペットクリニックに連れて行きました。

それでもお腹の調子が悪いのだろう程度に考えていたのですが、これが思った以上に深刻でした。高齢なのでちょっとした事でも重症化したのかもしれません。

 

それからは毎日クリニックに連れて行き点滴と注射の毎日。結構お金も掛かりますがそんなことは言ってられません。

兎に角、食べてくれない事には回復もしないので、クリニックで貰った栄養剤を針の無い注射器を使って無理やり口の中に流し込む事も毎日していました。それでも回復の兆候が見えないので半ば諦めてペットの火葬をしてくれる業者などを調べてもいました。

そんな日が2週間程続いたある日、空の餌皿を見ていたのでごはんをあげてみたら、ほんの1口2口ですが自分で食べてくれました。やったー!どうやら持ち直したみたいです。

それからは日に日に食べる量も増えていき、まだ完調とは言えませんが動きも健康な時に近くなりました。

念の為、クリニックにはまだ通ってますが、取り敢えず一安心です。よかった。

0
    ayumi * 暮らし * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック


    AYUCAMERAへ
    ↑お気に入りの写真を厳選し
    大きなサイズでUPした
    WEBアルバム的なブログです



    にほんブログ村
    にほんブログ村に参加しています。
    お気に召したら投票を↑





    人気ブログランキングへ
    ↑お気に召したら
    こちらにも投票を



    このページの先頭へ