<< 芸能人御用達のステーキ店 | main | 思い出はセピア色? >>

設計は・・何かと話題の・・・あの方です

仕事でかほく市の「西田幾多郎記念哲学館」に伺いました。
この建物の設計は国立競技場の問題でニュースを騒がせた、安藤忠雄氏です。
この施設は哲学者「西田幾多郎」に関する収蔵品等の展示の他、ホールや研修室もあり、各種講演やイベントにも使われています。
IMG_1151.JPG
外観は割と普通にも見えます。
IMG_1153.JPG
IMG_1145.JPG

IMG_1146.JPG
中の間取りは複雑と云うかややこしい。内装仕上げは主にコンクリート打放しです。
毎年伺ってますが、初めて伺った時は複雑な間取りを迷路のように感じました。
斜めの壁があったりと、今でもあまり居心地がいいとは思えません。


IMG_1147.JPG
瞑想空間「ホワイエ」


IMG_1149.JPG
ホワイエの上部は吹き抜けになっています。


IMG_1148.JPG
和室の中にも打放しの円柱形の構造物が・・・・。ホワイエの吹き抜けでしょうか。


IMG_1152.JPG
西田邸の書斎を移築した「骨清窟」


IMG_1150.JPG
かほく市の小高い位置にあります。

かほく市にはもう一つ安藤忠雄氏設計の建造物があります。それは小学校の校舎。友人の娘さんがその小学校の卒業生。別の友人の娘さんは現役生徒です。
お二人とも「新国立競技場」の問題が出る以前から、異口同音に使い勝手の悪さや空調の効率が良くない設計であることなどをおっしゃっていました。何故、小学校が有名建築家の設計である必要があるのか・・とも。
ユーザーの使い勝手や建設のコストより、自身の設計の作品として斬新さや芸術性を優先する方なのでしょう。
そんな方を審査委員長にすれば、現実的ではない設計が採用され可能性が高いのは誰でも分かってたことじゃないのですかね。
0
    ayumi * ニュース * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック


    AYUCAMERAへ
    ↑お気に入りの写真を厳選し
    大きなサイズでUPした
    WEBアルバム的なブログです



    にほんブログ村
    にほんブログ村に参加しています。
    お気に召したら投票を↑





    人気ブログランキングへ
    ↑お気に召したら
    こちらにも投票を



    このページの先頭へ