<< 街中の秘境 | main | 津幡のゴンジロー >>

フリッカー現象

Nikonの一眼D5500とミラーレスのJ5を使っています。

主に使うのはD5500ですが、外食の時などはコンデジと変わらないコンパクトなJ5が便利です。

しかし、J5で撮った写真に時々こんな縞模様が入るのです。

 

蛍光灯が光源の室内でかなりの頻度で発生します。

同じ場所で他のカメラで撮っても綺麗に撮れます。

これは故障か不良品なのではないかと思い、購入店に修理を依頼しました。

 

販売店からメーカーに送られましたが、2週間以上経っても戻って来ません。

問い合わせてみると、まだメーカーからは戻って来てないが、原因はフリッカー現象で故障ではないとのことでした。

 

 

なんか納得できない思いでフリッカー現象に関してネットで調べてみました。

蛍光灯は電源の周波数によって1秒間に50回または60回(石川県は60Hzで60回)と云う人間の眼には見えない速さで点滅をしているわけですが、カメラのシャッタースピードがこの1回の点滅の1/60秒より短い時間だとこの様な現象が現れるそうです。

なるほど、そう云うことか・・

それを知ってこれらの写真のシャッタースピードを見てみると1/250または1/320でした。

同じ場所でも1/125で撮られた写真は大丈夫でした。

 

これは上の写真と同じ店内ですが、1/60でした。

D5500で同じ場所でJ5と同じf1.8の単焦点では1/60でした。

原因がわかったので、これからは縞模様が出る時は絞りを少し絞るかシャッタースピード優先にすればいいと云うことです。

 

 

 

 

 

 

0
    ayumi * camera * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック


    AYUCAMERAへ
    ↑お気に入りの写真を厳選し
    大きなサイズでUPした
    WEBアルバム的なブログです



    にほんブログ村
    にほんブログ村に参加しています。
    お気に召したら投票を↑





    人気ブログランキングへ
    ↑お気に召したら
    こちらにも投票を



    このページの先頭へ