ホテルランチスタンプラリー〜ANAクラウンプラザホテル金沢「カスケイドダイニング」

第9回 金沢ホテルランチスタンプラリー3店目には、ANAクラウンプラザホテル金沢「カスケイドダイニング」さんに行きました。

ランチぶっぇブッフェです。

 

少しずついろいろ頂きます。

 

今回のテーマは新品種「ひゃくまん穀」のお米を使ったカレーです。

大根や里芋など和の野菜を使った味噌カレーだそう。

 

カルボナーラ風リゾット。

 

シェフズクッキングの米粉を使ったチョコバナナクレープ。生地はモチモチです。

 

こちらのランチブッフェは通常平日2300円ですが、水曜日はレディースデイで2000円になります。また、月曜日は4人以上のグループの場合やはり1人2000円に割引されるのでお得です。

 

 

0
    ayumi * グルメ * comments(0) * trackbacks(0)

    これもスタンプラリーの賞品

    去年のホテルランチスタンプラリーの抽選で当たったペアランチ券の使用期限が今月までなので使わせて頂きました。

     

     

    こちらは利用できるホテル・レストラン・メニューが指定されています。

    当選者によって異なるホテルのランチ券が届いてるようです。妹は国際ホテルのランチ券でした。

     

    ニューグランドホテル・ロワでは1800円の「Aランチ」でした。

     

     

    お肉とお魚が盛り合わせになっています。

     

     

     

    0
      ayumi * グルメ * comments(0) * trackbacks(0)

      スタンプラリーの賞品

      コンプリートした、かほく市雑炊・鍋まつりスタンプラリーの賞品を頂いて来ました。

       

      かほく市役所産業振興課等で扱って頂けます。

       

      かほく市内の加盟店で使えますが、イオンモールかほくで使わせて頂きます。

       

       

      0
        ayumi * グルメ * comments(0) * trackbacks(0)

        田丸屋と言えば・・・・

        田丸屋と言えばわさび漬けが有名。ご存知の方も少なくないとは思います。美味しいですよね。

        しかし、今回頂いたのは田丸屋のわさび漬けではなくKit Kat、つまりチョコなのでした。

         

         

         

        中はこんなです。

         

         

        チョコも山葵カラーです。

        恐る恐る頂いてみると、結構普通です。辛いわけではありません。最後に山葵がフッと香ります。

         

         

        0
          ayumi * グルメ * comments(0) * trackbacks(0)

          ペットの火葬は人間並み

          亡くなった猫の火葬をしてきました。

          西インター近くにある業者さんにお願いしました。国道8号線から見える所にあります。

          お友達のNさんが一緒に行ってくれました。それから、妹も老犬を飼っていて遠からず必要になるので、参考までにどんな感じなのか見学したいのではないかと思い誘いました。

           

          利用料金には数種類ありましたが、個別に火葬し収骨もできる「個別立ち合いセット」でお願いしました。

          仕事柄人間の斎場には頻繁に行きますが、このセットだと人間の火葬と略同じ流れで進行します。

          施設も小振りではありますが人間の斎場と基本的に変わりはありません。お骨を入れる壺は人間用を使います。

          そして、料金も人間並みでした。

          人間の場合は公営斎場だと市民は割引料金になります。斎場によって異なりますが、金沢市の場合は5000円。市民以外は50000円です。今回お願いした「個別立ち合いセット」はその市民以外の料金に近いものです。

          ただ、スタッフの方の対応は懇切丁寧で好感のもてるものでした。

           

          猫の寿命で18〜19歳は普通なのかなと思っていましたがそれはミックスの場合で、純血種の寿命は短いそうです。

          アメリカンショートヘアーの平均寿命は12〜13歳だそうで、19歳なら大往生です。

           

          いよいよ炉に入る時には泣いてしまうのではと思ってたのですが、友達や妹が一緒だっせいか、家で充分泣いたせいか意外に冷静でした。

          40分程待って収骨となります。

          細かな骨までしっかりと残っていました。人間の火葬炉よりも焼却の温度が低く、骨が硬いまま残るのではないかと思います。

           

          お骨は持ち帰り部屋に安置してあります。

          喪失感は否めませんが、それでも最後の刻までちゃんとお世話して飼い主としての責任を果たす事が出来たと云う安堵感もあります。

           

          0
            ayumi * 暮らし * comments(0) * trackbacks(0)

            雪の壁

            雪の壁は立山黒部アルペンルート雪の大谷ではなくて、ウチの本堂裏です。

            屋根からの落雪でこんなになってます。

            今日はNさんとお友達が除雪のお手伝いに来てくれました。

            他に、お願いしていた作業員の方も2名来て貰えました。

             

            このように、下に落ちた落雪と屋根に残ってる雪が繋がってしまうと、屋根を下方に引っ張る大きな力が働き、軒先が折れたり建物が潰れたりするそうです。なので、下の雪と軒先を切り離さなければ危険なのです。

            しかし、途方も無い雪の量です。

            それでも、皆さんのおかげで1日掛かりましたが危機は回避でき一安心です。

            どうもありがとうございました。

            0
              ayumi * 暮らし * comments(0) * trackbacks(0)

              ペットロスの感傷に浸る暇も無く、待った無しの豪雪

              昨夜は殆ど眠れませんでした。

              それでも、夜が明ければ待った無しの豪雪です。朝から一日除雪に費やしました。

               

              雪の事を「白い悪魔」とも言いますが、国道で立ち往生してる運転手さんから見れば悪魔以外の何物でもないでしょう。

              私を含め多くの方が同じ思いだと思います。

              「雪」が美しいとかロマンチックなどとは1ミリも思えません。

               

              今日の成果です。玄関からの出入りが出来るようになり、車も出せる目途が立ちました。

               

              しかし、その横はこんなです。積雪は70数僂任垢、屋根からの落雪は2メートルを優に超えています。

              途方に暮れるしかありません。

               

               

              それでも、外で除雪作業をしてる間はペットロスを忘れられます。

              しかし、作業を終え部屋に戻ると悲しみが襲って来ます。昨日まではいた子が今日はいないのです。

              ちゃんと送ってあげなければとペット火葬業者に予約をしたら、涙が出てきて止まらなくなりました。

              「心にポッカリと風穴が開いたようだ」とは上手い表現だと思います。正にそんな感じ。

              親が亡くなった時より悲しいです。

               

               

              0
                ayumi * 暮らし * comments(0) * trackbacks(0)

                AYUCAMERAへ
                ↑お気に入りの写真を厳選し
                大きなサイズでUPした
                WEBアルバム的なブログです



                にほんブログ村
                にほんブログ村に参加しています。
                お気に召したら投票を↑





                人気ブログランキングへ
                ↑お気に召したら
                こちらにも投票を



                このページの先頭へ